2017年09月26日

EOS6D MarkII 撮影機能などの注目点

前回のEOS6D Mark II 発売!でも注目点を書いたのですが、連写速度アップとかバリアングル液晶とかの一般的な機能向上点だけでした。
でも詳しく見ていくと、けっこう私的にありがたい機能向上点が出てきました。
まずは撮影に関する機能で注目したところは以下の点。
■ISOオート時のシャッター速度低速限界設定
■オートホワイトバランスが「雰囲気優先」「ホワイト優先」を選べる
■新EOSシーン解析システムで、オートライティングオプティマイザの補正が向上
■インターバルタイマー撮影機能

それぞれの使用シーンで考えてみました。

>こんなところに注目!

【EOS 6D Mark IIの最新記事】
posted by 6d at 20:47 | Comment(0) | EOS 6D Mark II | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

ハクバ レンズペンを久しぶりに購入

2017091701.jpg
撮影先でちょこっとレンズの掃除をしたいときに役立つ「ハクバ レンズペン」。
もう何年前になるかわかりませんが、発売時に「これは便利!」と思って購入していました。カメラバッグに常備しており、レンズ(というよりフィルターですが)を現場で掃除するのに使っていました。
あまり神経質なほうではないので、外出先ではブロアーで埃を飛ばすくらいで、帰ったあとでアルコールを使って掃除しています。
ですが、現場で指紋などの汚れをつけてしまった場合は、手早く掃除したいのでレンズペンを使っていました。
あまりにも古くなったので買い替えようとヨドバシカメラにいったら、現行製品は3型になってずんぐりむっくりになってるんですね。そのうえレンズ用とかフィルター用とかファインダー用とか、用途別に分かれています。色はガンメタリックにしました。
HAKUBA メンテナンス用品 レンズペン3 【レンズ用】 ブラック KMC-LP12B
2017091702.jpg
■旧型と新型。旧型は通常のボールペンくらいです。
もともと持っていたものは細いのでバッグへの収まりはいいのですが、細すぎて掃除しにくかったので使いやすくなってます。
少し高い目ですが、交換用カートリッジも付いていますし、酷使しない限りは何年も使えるので買っておきました。
もちろん保護フィルター付ける派のワタシは、フィルター用の「レンズペン3 フィルタークリア」にしました。

>使い方とか注意点とか・・

posted by 6d at 21:13 | Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

販売ランキングでEOS6D MarkIIがトップ、中古はEOS6D!

IMG_1053.JPG今日のデジカメWatchの記事「マップカメラ、2017年8月の売り上げランキングを発表」では、新品はEOS 6D Mark II、中古はEOS 6Dがトップだそうです。
マップカメラのサイトを見てみると、6Dボディの中古美品で10万円を切り、並品なら8万円台前半になっていました。
私のカメラは酷使しているので、並品以下かな・・

新品ランキング
1位:キヤノンEOS 6D Mark II
2位:ニコンD750
3位:オリンパスOM-D E-M10 Mark II
4位:富士フイルムX-T20
5位:ニコンCOOLPIX A900
6位:ニコンD7500
7位:ソニーα9
8位:キヤノンEOS 5D Mark IV
8位:パナソニックLUMIX DC-GH5
10位:オリンパスOM-D E-M5 Mark II



posted by 6d at 21:49 | Comment(0) | EOS6Dは「買い」か? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

保護フィルターを新調(MARUMI DHGスーパーレンズプロテクト)

何年か前から、EF70-200mm/F2.8に付けている保護フィルターが、フィルム時代の「MC UV」だったので、デジタル用の保護フィルターに変えたいと思っていました。
(以前の記事「保護フィルターはデジタル用を使おう」に書いてから2年以上・・)

そこで標準ズーム(EF 24-105mm/F4)用に、デジタル用で汚れも付着しにくいMARUMI DHGスーパーレンズプロテクト 77 mmを買って、標準ズームに付けていたケンコーのPro1Dを望遠ズームに付けました。
IMG_0954.jpg
左がフィルム時代の「MC UV」、右が「MARUMI DHGスーパーレンズプロテクト」です。
フィルターのガラスの縁あたりを見ると、フィルム時代のフィルターは白っぽくなっています。最近のデジタル用は縁にスミ入れをしているので、少し反射が少なくなるかと思います。
>厚さとケース

posted by 6d at 22:09 | Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

EOS6D Mark II 発売!

いよいよ発売されましたね、EOS6D マーク2。
値段も上がったので「どうせ買えないや」とあきらめて、ブログ自体の更新も止まっていました。
実は現物を触ったことがなく、先日やっと量販店で触ってみました。ちょっとだけだったのですが、やっぱり新型はイイ!ということで、この記事を書いています。
「今ごろ!」と言わないでください(^^;)

画素数は2000万画素あれば十分だったのですが、ワタシ的には以下のところが注目です。

(1)AFセンサーが増えた
EOS 6Dは測距点が11点だったけど、6D2は測距点が45点に増えています。
動きものを撮るときに、測距点を外して中抜けすることがあったので大歓迎。
ただ測距範囲が狭いままなので、もうちょっと広かったら言うことなしなんだけど。
ちなみに精度も、6Dでは中央1点だけF5.6対応クロスだったのに比べ、6D2は全てF5.6対応のクロスセンサーに向上しています。

(2)連写速度アップ
6Dは最高4.5コマ/秒だったのが、MarkIIでは最高約6.5コマ/秒に。それほど連写は使わないのですが、古いEOS40Dでも6.5コマ/秒だったのでありがたい。

(3)バリアングル液晶
頭上に掲げてとか、地面スレスレのアングルがやりやすくなりますね。
次のライブビューAF向上と合わせて、かなり使えそうです。
ついでに、液晶面を内側にすることもできるので、ぶら下げて歩き回るときに液晶保護にもなるので安心です。

(4)ライブビュー撮影のAF向上
6Dでライブビュー撮影すると、AFが合わなくて実質的に使い物にならなかったのですが、6D2は早くなってます!以前と段違いに使えるようになっているのに感動。
ライブビューは下位機種に負けていたのですが、やっと使えるようになりました。
また使い物にならなかった動画撮影時のAFも使えそうな感じです。タッチパネルになったから、それでAFポイントを指定できれば最高。

(5)RAW+JPEGの連続撮影枚数アップ
6DではRAW+JPEG(ラージ/ファイン)で約7枚だったのが、17枚にアップ。連写はあまり使わなくても、ここ一番のときに止まってしまうことがあったので、地味にうれしい機能アップです。
ちなみに私は、RAW+JPEGのJPEGは小さいサイズ(S2)を使っています。

(6)電子水準器に垂直(あおり)方向追加
6Dでは水平方向だけだった電子水準器が、垂直方向(あおり方向)の傾きも確認できるようになりました。垂直方向は、建物などでまっすぐ撮影するときや、360度パノラマを撮るときにあった方が使いやすくなります。EOS7Dでは両方使えてたので頼りにしていたのですが、6Dが水平方向だけだったのが残念でした。地味に機能アップです。

実は、値段が上がったので見送っていたのですが、量販店で触ってみてから詳しく見てみたんだけど、ざっと見たところでもかなり便利になりそうです。
欠点は「値段が上がった」くらいですね・・ちょうどEF24-105 F4L付で買った値段でボディのみくらいです。



posted by 6d at 21:39 | Comment(0) | EOS 6D Mark II | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする